うつ病患者が抱える悩みを解決、相談をすることで軽減

治療を支援

工夫をして治療費の負担をおさえよう

うつ病の治療にかかる費用は、患者にとってもその家族にとっても不安を抱くものです。治療期間がどのくらいになるのかどうかわかりませんし、うつ病の治療も健康保険の適用が基本となりますので、70歳未満の方であれば、3割負担となりますが、長引けば長引くほど、治療費の負担は大きくなっていきます。 そこで、うつ病の治療の費用を軽減する制度を知り、活用するという工夫があれば、負担を抑えることができます。 それは、「自立支援医療費用制度」です。 これは、障がいを持つ患者に対して、適切な医療を確保し、継続して治療を受けることができるように支援するためのものです。もちろん、うつ病などの精神疾患の患者についても対象となります。

うつ病と向き合うために

自立支援医療制度を活用すれば、医療費の自己負担額が原則として1割に減額され、所得に応じて医療費として支払うべき金額の上限が設けられるのです。 あとは、健康保険に加入している会社員や公務員であれば、傷病手当金もありますので、これも活用するといいでしょう。 現在、うつ病は誰がなってもおかしくないといわれています。日本人のおよそ15人に1人は経験しているとも言われています。 うつ病は患者が心身をしっかり休む環境を持つことが大切ですが、周囲の人の認識や理解も必要です。 現代社会がストレス社会と言われているほど、いろんな面でストレスに注意しないといけません。現に会社の採用面談においてもストレス対処について聞かれることもあります。 予防のためにストレス管理をしっかり行い、万一、うつ病になった時でも、しっかり治療できるように、認識と理解を深めたいものです。

そもそもうつ病とは何か

うつ病とは気分障害の一つで、意欲や興味の極端な低下、だるさ、焦燥感、食欲低下、不眠などの症状が出る精神疾患です。何もする気になれない、身体がだるくて動けない、という症状のために、患者とその家族はとても辛い思いをします。しかし、うつ病は再発の可能性はあるものの、たいていは一過性の病気で、適切な治療を続けていれば社会復帰ができるほど回復します。病気にかかっていない人から見ると「単に甘えているのでは」と感じ、軽く扱ってしまうこともありますが、その考えがうつ病患者の回復を遅らせます。早く精神科の医師の診断を受けて、適切な治療を受けることが大切です。ここではうつ病の治療方法についていくつか紹介していきたいと思います。

治療方法はいろいろあります

うつ病の治療方法の一つ目は、薬物療法です。一番ポピュラーな治療方法で、抗うつ薬を投与し、セロトニンの分泌量を増やし、脳のうつ状態を改善させます。しかし抗うつ薬には副作用があるので、摂取量などは医師の指示に従いましょう。二つ目は電気けいれん方法です。これは薬物療法が行なわれる前からあった治療法で、頭部に電極を付けて軽く通電させるものです。現在でも保険対象となっていますが、記憶が一時飛ぶなどの副作用があるので注意が必要です。三つ目は心理療法です。カウンセリングを行い、ストレスの元となるものを解決していくものです。しかしこれはカウンセラーの能力にも左右されます。どの治療法を選ぶかはあなた次第です。まずは受診し、医師に相談しましょう。

ピックアップ

心療内科で

うつ病の診療は、精神科で行うというイメージが大きいものです。しかし、今では心療内科で受信をすることが主流となってきています。相談する相手がいないときは、専門の医者を頼るといいでしょう。

詳細を確認する

心理的に解決

心の病気と言われているうつ病は、治療薬の服用とは別に、周りに相談をすることで完治を目指すことが出来ます。多くの患者が自分を追い込んでいる傾向があるので、その状況を改善させるのです。

詳細を確認する

身体を休めて

うつ病の治療法の中には、休息があります。身体を休めるだけでも大きな効果をもたらすのです。自分を追い込んでしまう傾向があるうつ病は、精神を休ませることでその負担を軽減することが出来ます。

詳細を確認する

うつ病の症状

うつ病を発祥した患者は、食欲不振になることがあります。その他にも行動をする気がわかない、不安を感じるといったものがあるでしょう。心療内科では、そのような症状を緩和する為の治療を行っています。

詳細を確認する

多くのフォロー

うつ病患者が多くのフォローを受けられる体制が整ってきています。そのフォローには治療費のフォローに、職場での休職フォローがあるでしょう。安心して治療に専念することが出来ると言えます。

詳細を確認する

TOP